くま

私たち「明日のたね」が目指す社会は、
「人と人とが関わり、ふれあい(交流)、ちがい(多様性)を理解しながらともに生きる楽しさを実感できる社会になること」

私たちの使命(存在理由)は、
「子育てがもっと楽しくなる庄内地域」をみんなと共に創るコト。
そのために、みんなの知恵と力をつないでいくコト。
そして、庄内大好きな子どもを育てるという種まきです。

※私たちの思うみんなとは、子育て支援者だけでなく、地域、子育て世代、行政、NPO、大学なども含みます。
親や教師だけでなく、地域の子育てを支える第三の大人のことです。

らいおん

明日のたね概要

名称 特定非営利活動法人明日のたね
設立 2014年6月5日
所在地 〒999-7621 山形県鶴岡市長沼字宮前163番地
代表者 伊藤 和美
構成員 代表理事  1人
副代表理事 2人
理事    5人(代表理事・副代表理事を含む)
監事    1人
正社員  12人
賛助会員 33人(平成30年度現在)
事業内容 〇体験

  • 学びの事業
  • こども大学(楽)
  • 森のがっこう(自然探検学習)

〇女性とこどもの支援事業

  • 地域子育て支援拠点
  • イベント託児
  • 女性ネットワーク支援事業
  • 子育てニーズ調査・研究

〇地域ふれあい交流事業

  • いきいきサロン
  • 文化的たまり場
  • 長沼タイムマシン
  • 出前講座(防災・子どもの遊び・アロマ等)

〇情報発信・広報事業

  • サイトTOMONI運営
  • TOMONI通信発行

○地域起業創造事業

  • 思いをかたちにする講座(仮)

明日のたねの歩み

2010年 庄内地域子育て応援協議会が庄内地域の子育て支援団体5団体(NPO法人にこっと、NPO法人あらた、NPOぴーちくぱーく、NPO法人やまがた育児サークルランド、託児サービスコメットさん、鶴岡市中央児童館)と発足・活動開始
2011年 子育て情報サイト「TOMONI」オープン 庄内地域一円の子育て関連情報を収集し、一元的に提供するサイトとして開設される。
親子安全啓発事業を県より受託。親子防災「我が家の非常持ち出し袋」講座実施
2012年 母親と子どものための防災ノート「安心ノートTOMONI」発行、子育て世代に配布。サイトからもダウンロード可能になる。
再就職のための情報支援業務を県より受託「ママたちの再就職準備講座」を開催
2013年 再就職のための情報支援業務を県より受託「ママたちの再就職準備講座」2年目を開催 庄内地域子育て応援協議会で共に働いた有志3人で、任意団体「庄内こどもプロジェクト明日のたね」を設立
サイトの加入団体52団体 こども大学事業を県より受託。夏休みこども大学・こどもアカデミーを開催
2014年 任意団体「庄内こどもプロジェクト明日のたね」をもとに「特定非営利活動法人明日のたね」を設立
庄内子育て情報サイト「TOMONI」庄内地域子育て応援協議会より譲渡。サイト運営を開始
特定非営利活動法人明日のたね(あしたのたね) 法人登記
2015年 イベント託児請負(鶴岡市、鶴岡教育委員会、男女共同参画チェリア塾等)
鶴岡市災害ボランティアネットワークと共催「サバイバルキャンプ」実施
防災士資格取得2名、防災講座 (子育て支援センター等
内容「考えよう、我が家の非常持ち出し袋」「24時間キッドワークショップ」)
2016年 地域子育て支援拠点『ともにひろば 』運営、多世代交流の子育て応援開始
全国ひろば協議会主催「地域子育て支援士2種養成講座」を山形県鶴岡市で開催
2017年 体験・学び(長期休みこども大学(楽)、森のがっこうシリーズ)
女性とこどもの支援(子育て応援、女性のネットワーク支援、子育てニーズ調査、イベント託児)
地域ふれあい交流(みんなで体操!いきいきサロン、文化的たまり場、長沼タイムマシン、出前講座)
サイトの運営、広報活動(TOMONI通信発行)
2018年 行政(地域産業課)と第三セクター(温泉施設)と協働でお風呂託児開催
子育てママのコワーキングスペース開設、女性の拠り所となる相談窓口
東北起業女子応援ネットワーク(経済産業省)女性の一歩を応援!伴走型起業支援開始
2018年やまがた公益大賞グランプリ受賞 ※

※やまがた公益大賞とは、地域課題の解決に取り組むさまざまな公益活動を顕彰し、広く紹介することにより、県民の公益活動を活性化することを目的にしている。

庄内子育て応援サイトTOMONI

庄内子育て応援サイトTOMONI