MENU

私たちの思い

子育て中のママ・パパへ
「MAY I HELP YOU?」あなたを手助けしてもいいですか?
子育てをひとりで抱えず、どうぞひろばに遊びにきてください。私たちに手伝わせてください。
あかちゃんの離乳食のこと、歯磨きのこと、自分の体調のこと、嫁姑のこと、なんでもOK!
明日のたねに相談してください。   みんなあなたを待ってます。

こどもの暮らしや子育て環境がよくなることは、すべての人が安心してその地で働いて暮らせるということだと考えます。

わたしたち「明日のたね」は、子育てに関わる人たちや子ども、
子育て家庭に対して、不安を解消する交流・相談の場の提供や、体験学習型の事業、その他子育て支援に関する事業を行い、子どもの幸せを願うすべての人々をつなぎ、地域の人々とお互いに支えあいながら、安心して子育てができる暮らしやすいな社会づくりに寄与することを目的とします。
生活の中で子どもが豊かに育つ環境をつくりたい、ともに。
豊かな自然環境のなかで、こどもたちと思いっきり遊ぶこと、じっくり自然と向き合うこと、異年齢で遊ぶこと。
配慮や思いやり、たくましさ、工夫すること、しなやかさ、関り、器用さ、考え続けることを身に付けていきます。
それは、人間力の土台になっていきます。
様々な団体と協働し取り組むことで、環境をつくる。
身の丈にあった持続可能な暮らしをこの庄内で実現できたらステキです。
子育てはひとりではできません。
たくさんの人の力を借りて、自分らしい子育てをしませんか
「お互い様」と「おかげさま」
そして、自分が支えられ分、次のだれかにやさしくなれる。
私たちは子育てをとことん応援します
困難を抱える人には友人のように寄り添います
人と人がつながり、お互いのよいところを引き出し合う働き方・生き方を実践中です。
子育てから始まる多世代コミュニティをワクワクしながら作っています。
「よく来たの~」「おかえり~」「いらっしゃい」と迎えます。
「いってらっしゃい」「まだこいの~」と送ります。
いつでも、ウエルカムです。

 

明日のたねの歩み

2010年 庄内地域子育て応援協議会が庄内地域の子育て支援団体5団体(NPO法人にこっと、NPO法人あらた、NPOぴーちくぱーく、NPO法人やまがた育児サークルランド、託児サービスコメットさん、鶴岡市中央児童館)と発足・活動開始
2011年 子育て情報サイト「TOMONI」オープン 庄内地域一円の子育て関連情報を収集し、一元的に提供するサイトとして開設される。
親子安全啓発事業を県より受託。親子防災「我が家の非常持ち出し袋」講座実施
2012年 母親と子どものための防災ノート「安心ノートTOMONI」発行、子育て世代に配布。サイトからもダウンロード可能になる。
再就職のための情報支援業務を県より受託「ママたちの再就職準備講座」を開催
2013年 再就職のための情報支援業務を県より受託「ママたちの再就職準備講座」2年目を開催 庄内地域子育て応援協議会で共に働いた有志3人で、任意団体「庄内こどもプロジェクト明日のたね」を設立
サイトの加入団体52団体 こども大学事業を県より受託。夏休みこども大学・こどもアカデミーを開催
2014年 任意団体「庄内こどもプロジェクト明日のたね」をもとに「特定非営利活動法人明日のたね」を設立
庄内子育て情報サイト「TOMONI」庄内地域子育て応援協議会より譲渡。サイト運営を開始
特定非営利活動法人明日のたね(あしたのたね) 法人登記
 
2015年 イベント託児請負(鶴岡市、鶴岡教育委員会、男女共同参画チェリア塾等)
鶴岡市災害ボランティアネットワークと共催「サバイバルキャンプ」実施
防災士資格取得2名、防災講座 (子育て支援センター等
内容「考えよう、我が家の非常持ち出し袋」「24時間キッドワークショップ」)
2016年 地域子育て支援拠点『ともにひろば 』運営、多世代交流の子育て応援開始
全国ひろば協議会主催「地域子育て支援士2種養成講座」を山形県鶴岡市で開催
2017年 体験・学び(長期休みこども大学(楽)、森のがっこうシリーズ)
女性とこどもの支援(子育て応援、女性のネットワーク支援、子育てニーズ調査、イベント託児)
地域ふれあい交流(みんなで体操!いきいきサロン、文化的たまり場、長沼タイムマシン、出前講座)
サイトの運営、広報活動(TOMONI通信発行)
2018年 行政(地域産業課)と第三セクター(温泉施設)と協働でお風呂託児開催
子育てママのコワーキングスペース開設、女性の拠り所となる相談窓口
東北起業女子応援ネットワーク(経済産業省)女性の一歩を応援!伴走型起業支援開始
2018年やまがた公益大賞グランプリ受賞 ※

※やまがた公益大賞とは、地域課題の解決に取り組むさまざまな公益活動を顕彰し、広く紹介することにより、県民の公益活動を活性化することを目的にしている。